2015年12月31日

2015年師走 お飾り準備

2015年師走 お飾り準備


それぞれのお家の門にかざったのが門松


それぞれのお家の神棚やお仏壇に飾ったのがお鏡の飾り


大小のおもちを重ねた

お鏡の下に

半紙 を敷いて

ウラジロを挟み

お鏡の

てっぺんには

串柿を置いて

その上に

葉つきみかん

がシンプルな庶民のお飾りでした。

早く柿を食べたかった


商店街の注連飾りの売店は

大晦日の風景でした。


最近はマンション派が圧倒的で

門がなくなったためか

ドアの取っ手に小さな注連飾り

またリースも最近増えてきました。


玉石混交(失礼)の日本の宗教行事は

多様化を認める日本文化の象徴なんでしょうか

グローバルスタンダードになればいいのですが










2015年師走 初詣は

2015年師走 初詣は

 

芦屋市内にも いくつかの神社があります。


一番有名なのが芦屋神社です。


全部で6社ありますね。


年末の神社めぐりのポスターです。


最近は神社とお寺へのお参りの仕方を


知らない方も増えてきたようで 


浅草の浅草寺はお寺なんですが


神社形式のお参りをするかたが多いとのことでした。


初詣は神社、お盆はお寺、クリスマスは教会・・・・


マスコミの影響もあるんでしょうね




珍しい?神社のポスター








2015年12月30日

2015師走 おせちの準備

師走になると

わが家の山ノ神も

おせち作りにおおわらわです。

この寸写はほとんどできあがった品目ですね。


いわく・・

高野豆腐

レンコン

タケノコ

海老

ぶり

しいたけ

ごぼう

牛肉のしぐれ煮

くわい

こんにゃく

いか

ゆでたまご

数の子

ごまめ

ウィンナー(孫の)

いくらと千枚漬け

などですね。

おばあのキーちゃんから伝授の南大阪風?

お正月の手料理でした。


おせちも佳境





2015年12月25日

2015年師走 阪急ブレーブス西宮球場

ここは阪急ブレーブスの西宮球場ではありません。


 すでに球場は2002年に閉鎖されて、 今はこの跡地が大型SCの 阪急西宮ガーデンズなんです。


 阪神間、とくに阪急沿線の西宮北口から 宝塚、芦屋、塚口にかけての奥様たちに大人気です。


この西宮北口駅改札から直の歩道なども開発整備されていてとっても便利です。


関西では少ないブランドショップが多数出店されています。


 駐車場も大きなものがあります。


さすが、もとプロ野球阪急ブレーブスの球場ですね。


ここの5階には阪急西宮ギャラリーもあって、


阪急グループの歴史や阪急ブレーブスの写真、


関連の展示品が無料見学できます。


阪急西宮ガーデンズ正面

豪華なXmasツリー







シューズ&バッグ

2015年12月24日

2015年師走 オンライン囲碁ゲーム




















師走も押してきました。

最近PC上で

囲碁に凝っています。

オンライン囲碁ゲーム KOSUMI

時間に左右されずに

自分のペースでやれます。

相手は実力初段レベル

こちらがかっとなったときは

ほとんど負けます。

相手にも地をと

分け合う気持ちで

勝てることを覚えました。

画面は最近話題の

新布石「風車」です。

覚えて使っています。

でも白番になって、

いきなり黒番が

真ん中に打ってくると

布石が使えずに

困りますね^^;)






2015年師走 ブックオフの愉しみ

ブックオフで

この「人麻呂の暗号」

(藤本由加著)

にはまって、

この時代の本

「壬申の乱」

(松本清張著)

ある意味で

柿本人麻呂の水刑死、

天武天皇の皇位簒奪の

タブーを

開示した書

なんでしょう。

ブックオフは愉しいです

安いし、品揃えも多岐

シニアの味方でっせ

ホンマ



柿本人麻呂の時代は興味深い











2015年12月23日

2015年師走 月かたぶきぬ

師走 早朝の月が傾きます




























朝早い西の空、傾き沈んでゆく月が見えました。

ほんとうにさびしくなるほど美しすぎる月です。

体も冷えます。


     東(ひんがし)の野に炎(かぎろい)の立つ見えて

     かへり見すれば月かたぶきぬ


      -柿本人麻呂(万葉集 48)


悲劇の人と云われますが、明石など阪神間にもゆかりの偉人ですね。 

この写真好きです。



(追伸)

近年話題になった
 
藤村由加著『人麻呂の暗号』は、今でこそ古代史の学者からは総バッシングされました。

しかし万葉集が朝鮮語で読み取れるとの解釈から、人麻呂が水死刑で亡くなったなど。

悲劇と結びつけたこの本はベストセラーとなりました、私はロマンがあって面白い本だったと思います。

連作で「額田王の暗号」もありますね。

私は、これを読んで当時の歴史小説をたくさん読む好機となりました。




2015年12月20日

2015年師走 キイちゃん憧憬

おばあのキイちゃんの語録です。

おばあ キイちゃん


1.生まれ

高石市、大正7年生まれ

〔第72首/祐子内親王家紀伊〕 引用
 音に聞く 高師の浜の あだ波は
  かけじや袖の ぬれもこそすれ

いつも出身地を詠ったこの和歌が自慢でした。 
 

2.語録

大阪南部の堺市を中心として、当時の普通の言葉を備忘録代わりに記載してみました。

なかには解釈が少し違うかもしれませんが・・(順不同です)


(1)千両もうても役者は乞食


(2)ねそことする


(3)あんばいし


(4)203高地


(5)でものはれものところえらばず


(6)いちもん一文


(7)25円の漫画


(8)ういたかひょうたか


(9)乞食がぬくめし食うみたい


(10)おとっちゃんの油


(11) ぬくめて


(12)かしわ


(13)ほっといて


(14)とうがたつ


(15)朝ぐもりののち照り


(16)金の茶釜があっても、ふたがなかったらアカン


(17)砂糖の角走ってる


(18)いっちょかみ


(19)おとごやから可愛がられて


(20) 安モンのサラリーマン


(21)屁こくにも元手がいる


(22)口のはたに税金かからんとおもて、好きなこというて


(23)あわちのくまち


(24)根性えべっさんのアメみたいに曲がってる


(25)お金はただとらへん


(26)いちぜんめしはげんがわるい


(27)とっとりはげたか


(28)海彦山彦


(29)ある氏はつらい


(30)皮ひきゃ身~


(31) きさんじな子や


(32)あーちのくまち



2015年12月2日

2015年師走 見事な紅葉

坂道を下ると

なんと見事な

真っ赤な

紅葉(もみじ)








唱歌「紅葉」

高野辰之作詞、岡野貞一作曲の唱歌


秋の夕日に 

照る山紅葉(もみじ)

濃いも薄いも 

数ある中に

松をいろどる 

楓や蔦は

山のふもとの 

裾模様

2015年12月1日

2015年師走 赤いポスト

最近では珍しくなった赤い〒ポスト。

昭和の名残でしょうか

これって郵便局のレターパックサイズが入らないんですよね。

次代遅れなんですが、がんばっていますね。


もうすぐ年賀状の受付時期ですよね、まだまだ使えますね。

そういえば、運動会の定番音楽がありました。


「クシコスの郵便馬車」 ネッケ作曲(ハンガリー)

野道越え遠く 

山川村過ぎて
 
嵐吹く日にも 

走るよ走るよ

郵便馬車

走れ走れ 

ラッパを高く

吹き鳴らして


走れ走れ 

馬のひずめ軽く

ランラン

銀杏並木と赤いポスト